精密機械を作る仕事

>

自分に仕事ができるのか

積極的に勉強しよう

初めて精密機械製造業で働く人は、進んで勉強してください。
精密機械が完成するまでの工程だけでなく、どのような機械を使うのか、その機械の使い方などを学ばなければ仕事ができません。
最初に機械の使い方の説明を受ける時は、メモを取りながら聞きましょう。
すると作業中に操作方法がわからなくなっても、メモを見れば対処できます。

勉強する意欲がない人は作業中に戸惑ってしまい、うまく精密機械を作れません。
つまり勉強熱心な人が、精密機械製造業に向いています。
いつでもメモを取れるように、働く時は小さいメモ帳とボールペンをポケットに入れておきましょう。
聞いた話を全てメモするのではなく、重要だと思う部分だけ抜き出すことがコツです。

コミュニケーション能力を磨こう

自分で書いたメモだけでは、疑問を解決できないかもしれません。
ですがそのままの状態で作業を進めることは、絶対にしないでください。
方法を間違えて、正しく精密機械を作れない可能性があります。
すると最初からやり直しになりますし、それは自分だけではありません。
他の人の作業も最初からやり直すので、多大な迷惑を掛けます。

そうならないよう、質問する習慣を身に付けましょう。
どんなことでも聞くことで、正しい答えを教えてもらえます。
そのため、コミュニケーション能力を磨いてから精密機械製造業で働いてください。
たくさんの人と関わることで困った時に助けてもらえますし、工場内の雰囲気が良くなります。
すると毎日、楽しく働けるでしょう。


この記事をシェアする