管理会社の役割やポジションについて紹介しているサイト

>

管理会社は必要?集合住宅における重要性とは

清掃や設備の点検管理など

管理会社の仕事として代表的なものの1つが建物自体の管理でしょう。
当然ながら建物は経年劣化しますし、住人の住み方や使い方によって破損したり汚れたりすることもあります。

住人個人の過失によるものなのか、経年による劣化によるものなのかについては状況や真偽の必要性が出てくることもありますが、一般的にはマンション管理費として毎月積み立てられたものを費用として修繕されることが多いです。

また、防災や防火、エレベーターなどの定期的な設備点検も含まれます。
基本は半年に1回くらいのペースで行われますが、もっと頻度の高い場合もあります。

住人が快適に住む上で最も大切な要素ですので、マンション内の設備に不具合がある場合は早めに管理会社へ相談しましょう。

管理費の取りまとめなどの事務作業

管理会社の仕事の主なものの1つに修繕積立金や管理費などの出納管理があり、これはマンション経営に関わる経理事務のような仕事です。

支払われた管理費をどのようなスパンで運用し修繕や点検、管理に使っていくかや、どのような点検業者に依頼するのかなどに繋がる部分ですので長期的にみて管理していかなくてはなりません。

建物が古い場合など、突然の設備の故障に見舞われることもあります。
複数の住む集合住宅ではさまざまなことが起きるためそうした場合に対応できるように考えておくことも必要です。

事務仕事としては普通の事務と変わりませんが、マンションの経営や管理に直接関わっているという点で少し特殊ではあるでしょう。
家主とのすり合わせも仕事の1つです。


この記事をシェアする