管理会社の役割やポジションについて紹介しているサイト

不動産管理会社とは?役割とポジション

管理会社は必要?集合住宅における重要性とは

管理会社とは具体的にどのような役割を請け負っているのでしょうか。 会社によって請け負う役割は違う場合がありますが、ここでは多くの管理会社が請け負う役割と仕事についてご紹介します。 あなたがお住まいの集合住宅の管理会社の役割はどんな内容でしょうか。

管理会社が介入できないケースとは?

マンションなどの管理を請け負っているとはいえ、全ての事象に対応可能とは限りません。 どのような役割があるのか気になる場合や重視する点があれば事前に確認しておく方が良いでしょう。 ここでは、基本的に管理会社が介入できない部分についてご紹介します。

集合住宅に住む上で確認しておきたいこと

集合住宅は多くの人が同じ建物に住むことになるため、戸建てとは違ったさまざまな注意点もあります。 ここでは、集合住宅を住まいとして選択する上で知っておくべきことや気を付けるべきポイントについてご紹介します。 快適に住むためにぜひ押さえておきましょう。

どんなことをしているの?管理会社の役割とは

マンションなどの集合住宅では、戸建てと違い多くの人が同じ建物で住んでいます。
各戸にそれぞれ違う世帯が住んでいるものの、建物自体は共有という環境なので個人で修繕や管理をすることは実質上不可能に近いと言えるでしょう。

そのために管理費というものが存在し、管理会社もそれに伴って必要になってきます。
まれに、管理会社という形ではなくマンションの所有者が管理や修繕などを一手に請け負っている場合もありますが、その場合も管理費というものは存在します。

毎月各住人から支払われる管理費によってマンション建物の修理や修繕などに使われます。
支払われた管理費自体も管理が必要ですし、それをどう使ってどのような業者に依頼してどれくらいの頻度で修繕などを行うかなどの見極めや住人ごとの必要不必要などを取りまとめるのはなかなか個人単位では難しいことです。

また、個人で請け負うとなるとトラブルや行き違いの原因となるケースもあります。
このため、外部機関として管理会社の存在が必要であるという面もあります。

集合住宅のルールや地域によっては自治体がそういったことに介入しているケースもありますが、多くの場合は最初から家主が管理会社にそういった処理を任せていることがほとんどです。

管理会社によっては、住民の要望に応えてくれなかったりなど、住民の求めとそれに対応するだけの役割が無いなどで不満を持つこともあるでしょう。
分譲や賃貸を決める際は、管理会社についてもある程度知っておくことが大切です。